これからの季節気になる二の腕の着痩せ

夏が近づくと気になる二の腕…

梅雨みたいなお天気が続いている横浜ですが
暑い日もあったりするとそろそろ半袖が登場しますね
その時に毎年痩せておけばよかったと思う二の腕
ずっと長袖で頑張れれば、腕を出す必要もありませんが
真夏にはさすがに、無理です
だったら、少しでも細く着痩せする袖を理解するしかない
意外と勘違いで、あえて太く見える袖を選んでしまっている時があると思います

腕を細く見せる洋服の着方、錯覚でいいんです
対比の問題で少しでも細く見えれば嬉しい
そんな解説をしていきます

今回は、「袖」だけに注目をしているので
骨格診断がどうのとか、骨格タイプが「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」だからどうのというのは
かなり少なめに解説していきます
なので、骨格のタイプがわからない方でも
二の腕の着痩せを考えている方は、是非是非お読みください

二の腕気になる

袖の長さ・幅を考える

人は、やはり太く見える場所を隠したいという傾向があります
ただむやみやたらに隠したら、逆効果で更に太って見えてしまうことがある
そのことをよく覚えていて欲しいです

例えば、
二の腕着痩せ
この写真は、どれも私が着ていますので、同じ人物です
カメラの位置も動かさず同じように、またわかりやすく黒という色も統一して撮りました

この3枚の写真を見て、どの腕が着痩せして細く見えますか?
二の腕の太さを感じなく見えますか?

真ん中の肘まである半袖かと思います
そこまできちんと袖があると、二の腕が全部隠れてしまうので細く見えます
特に、写真はふわっとした素材ではなく、しっかりニット素材なので
むだなゆるみもなく腕を覆っているので1番着痩せ効果が高いです

このひじまである袖の長さが、腕(二の腕)の着痩せ最強なんです!!
そのことを知っていましたか?
お客様に説明すると、意外と知らない人が多く
「とりあえず二の腕が隠れてればいいかなぁ」くらいに考えていたと言います
それでは、ダメなのです
しっかりと袖の長さが、ひじまでの長さがあること!これが大事になってきます

着痩せ

ZARAの二の腕着痩せニット

こちらはさらに、袖口の折り返しもなく、スッキリそのままの方がもっと細く見えるかと思います
ZARAで売っているのを見かけたりしますので
今年ももしかしたらあるかもしれません
もし見かけたら是非買うのをためらわず買ってくださいね

ノースリーブ VS 半袖

次に写真にもあった、ノースリーブと二の腕の真ん中あたりで切れるている半袖
この袖について考えてみましょう

二の腕気になる
ちょっと写真ではわかりにくいかもしれませんが、1番太いと思われる二の腕の真ん中で切れてる半袖
これは、1番腕(二の腕)が太く見えてしまいます!
1番太い部分で切れているので、太さを強調してしまうのです
では、布がふわっとなっていれば?と考えますが、そのふわっとした素材が似合う「ウェーブ」以外の人が
ふわっとした素材を着ること自体、身体全体が着太りしたり・より身体がしっかりたくましく見え
腕だけの問題ではなく体全体の問題になってしまいもっと一大事です!!

なので、できるだけ二の腕の途中で袖が終わっているのは避けた方がよいです
とはいえ、1番多く出回っている半袖の長さになりますし、着やすいかと思います
そういう場合は、
二の腕気になる
このように袖口がぴたっとなったものを選ぶようにしてみてください
この方が太く見える!?と思われている方が多いのですが
逆です!浮いてる布がない方が着痩せし細く見えます
これとても大事なポイントです!

どうでしょうか?
今まで考えていた袖の長さや幅の感じは合っていたでしょうか?
そもそも腕の太さが、写真の私とは違うし…
などと思われている方がいたら、自分の洋服で確認してみてください
結果は同じです

袖は、なんだか考えると難しそう
なんて思う人は、いっそ潔くノースリーブを着るのも手です
太い腕を出してしまうの!?とお思いかもしれませんが
その潔さが、逆に素敵に見えたりします
下手に無理矢理隠している感じの方が、痛い人になる危険があります

夏本番を前に、自分をベストに見せてくれる袖のことも
少し考えてみて、よりあなたを素敵に見せてくださいね!

骨格診断イベント 横浜
最近私は、こんな風に潔く腕を出しています!

Keiko Asai

骨格診断PLUS技能士・パーソナルカラー診断PLUS技能士
「骨格診断PLUSファッション分析協会」 理事
「骨格診断PLUSファッション分析協会認定 カラー・骨格」 本技能者

洋服が素敵でも、着ているあなたが素敵に見えなければ意味がない
自分らしく、もっとイキイキと輝く人を増やしたい
自信を持って活躍出来る人を応援したいと考えています

関連記事

PAGE TOP