「何かわからないけど変!?」「何か似合わない」を感じる

若い方の診断もとても増えています!

そろそろ秋物の洋服を考え出す時期だったり、暑くなく行動もしやすかったりと
診断にお越しいただく方が増えてきました
私自身も、この秋には、どういう服装で楽しもう?
なんて考えているだけでも楽しいですから、皆様のそういう気持ちになっているのかな?
などと思ってます

そんな中、最近とても多いのが20代のお客様
本日も20代のお客様でしたし、なんとこの間は高校3年生の18歳の方が
「バイトで貯めたお金で受けに来ました!」と
一瞬費用をいただくのが、申し訳ない気分になる若い方の診断がありました
(もちろんちゃんと費用はいただきました)

そして、その若い方々がよく言うのが「何かわからないけど変」に思う
自分の着ている洋服に違和感を感じている!
何がどう変なのかわからないけど
洋服が似合っていないことに気が付いている!
でもなんだかわからないから、プロに教えてもらおうと診断にやって来ているのです

もう凄いですよね!美意識?経済観念?どちらもかも
私自身、10~20代といえば、雑誌のモデルさん丸コピーだったり、ドラマの女優さんの真似っこだったり
「似合う」「似合わない」は、置いておいて
ひたすら着たい洋服を着ていました...
どんだけのムダ金とめちゃくちゃな洋服だったことか
今の若い方は、そういうところしっかりされているようです

骨格診断

何か変をとらえる眼

若い方に限らず、何か変!?」「何か似合わない」をとらえる眼は、どなたも持っています
なので、明らか骨格のタイプと違う洋服を着ていただくと
「変ですね!」と答える方が圧倒的に多いです
皆さん、自分の眼を信じていいんです

ただ、問題は、その先です
「何か変!?」「何か似合わない」と感じました
では、どこがどういう風に変?となった時に
そこは、わからないのです
なぜわからないかは、知識としてないからです
学校で教えてくれないし、生まれて成長する過程で、そこまでの洋服の知識は
自然とは、なかなか身に付きません
私のように、専門の場所で学び習得していれば
「素材が変、合ってない!」とか「色が合ってない」などなど
「何か変」「なんだか似合わない」の原因がわかります
こればかりは、学校で教えてくれないことなので
誰からか学ぶか、トライ&エラーで、自ら習得するかどちらかです
たまぁに、「学校で教えてくれればいいのに」とつぶやかれるお客様もいます
本当にそうなんですよね
教えてくれたら、どんなに楽か

でも残念ながら、教えてくれないので
私のような診断できる場所に、来てくださり知識を学ぶことになります

パーソナルカラ診断

「似合う」を窮屈にとらえないで

ただ、10~20代のように若い方の場合は
「似合う」ことだけにこだわらず
着てみたい洋服や可愛い!とか心に響いた洋服があったら
是非着てみて欲しいと思います
若いうちは、仮に似合っていなくても
そんな洋服を着ていた自分も想い出になったりするものです

「似合わないから、着たらいけない!」
そんなふうには、絶対に思わないで欲しいとも、全てのお客様に伝えています
いざ似合わなかったら、やっぱり素材が違ったかとかデザインが合わなかったなど
思うことはあるかもしれません
それでも、それ以上の「着たい!」という気持ちがあるのであれば
着てみて欲しいです
診断を受ければ、「似合う」「似合わない」がわかってきます
ただそれだけにとらわれれて、「そうじゃなければいけない!」という
窮屈な生き方はして欲しくないと思っています

骨格診断

Keiko Asai

骨格診断PLUS技能士・パーソナルカラー診断PLUS技能士
「骨格診断PLUSファッション分析協会」 理事
「骨格診断PLUSファッション分析協会認定 カラー・骨格」 本技能者

洋服が素敵でも、着ているあなたが素敵に見えなければ意味がない
自分らしく、もっとイキイキと輝く人を増やしたい
自信を持って活躍出来る人を応援したいと考えています

関連記事

PAGE TOP