麻のシャツを買う前に知っておくべきこと

麻のシャツや麻素材が目に入りだす時期

4月に入り、暖かい日が続くようになってきたなと思っていたら
暖かいを超えて、たまに暑い日があるようになっていますね
今年は、気のせいか暑くなるのが早い気がします

そんな日が続くと買いたくなるのが麻のシャツをはじめとする麻素材
店頭にもすでに並びはじめていますし、つい手に取りたくなります

しかし!その前に知っていただきたいことがあります!
そもそも「麻」という素材は、皆に似合うのでしょうか?
誰が着ても素敵に見えるのでしょうか?
それを知らずして、麻のシャツや麻素材を買うのは危険すぎます!
ちゃんと麻が、どういうものかを知って「似合う」を確認してから買うようにしましょう
では、誰に似合うかの前に、麻素材の特徴を確認してみましょう

 

麻素材の特徴

麻の素材は、綿に比べて少しざらつきがあり、硬い手触りのものが多いです
綿などの他の生地と比べると粗い織り方をしているため、独特な風合いがあります
そのため汗をかいても、肌にはりつく感じもなく通気性もあるため
夏を快適に過ごせる素材です

この自然な「ザラっとした目の粗い感じ」が麻の特徴であり良さだと思いますが
特徴が強いために、似合う人を選ぶのです
そう、季節が「夏」だから、麻のシャツ、麻素材のものを着よう!では
しっくりならず、なんだか変!?という似合わない人が出てきてしまうのです

麻のシャツ

UNIQLO プレミアムリネンシャツ(長袖)

 

麻のシャツや麻素材が似合うの骨格タイプ

「ザラっとした感じ、目の粗い感じ」が、似合う
それは、骨格タイプナチュラルの人になります
一部、ストレート・ウェーブの方にお似合いになる方もいますが
圧倒的に似合うのは、ナチュラルの人になります
(「骨格診断のタイプ」って?と思われた方は、「骨格診断とは」をお読みください。)

そもそも骨格のフレームがしっかりしているイメージのナチュラルの人は
ザラっとやざっくりというキーワードの素材が非常に似合います
私自身、骨格タイプがナチュラルなこともあり、丸太で簡易的なテントを作って屋根に布を掛けるとしたら
コーヒー豆の入ったずた袋みたいな感じが似合いそうじゃありませんか?と
お客様に話をすると「確かに!」と納得されます(笑)
細い細い小枝だったら、なんだか重そうに見えてもっと軽いふわっとした物を掛けたくなるはずです
骨格は、人の身体の中にあり見えませんが、肌の下には確実にあり
その人の身体の特徴として目でちゃんと捉えているのです
そこを無視をして、着たいから着る!ということをすると
似合わない人もいるということになってしまいます

先ほどストレート・ウェーブにも一部似合う人がいると書きましたが
「ザ・ストレート」「ザ・ウェーブ」の人は無理ですが
骨格12分類での「ラフストレート」「ラフウェーブ」の方は
ざっくりしすぎない、きれいめな麻や薄い麻がお似合いだったりします
(ラフストレートは、骨格タイプ「ストレート」ではありますが、ややナチュラル寄りの方をいい
ラフウェーブは、骨格タイプ「ウェーブ」ではありますが、やはりややナチュラル寄りの方をいいます)

ラフストレートラフウェーブ

※骨格12分類の説明は「ミックスはなくなる!?骨格診断 『骨格12分類』」をご覧ください

今年買いたい麻のシャツ

どういう人に麻のシャツが似合うかわかっていただいたところで
私がお勧めする麻のシャツをいくつか紹介いたします

① UNIQLO プレミアムリネンシャツ(長袖)

やはりお値段的にも定番の麻のシャツという点でもまずは、これでしょうか
全部で10色ありますので、自分に似合う色での麻のシャツを買うことができますね

麻のシャツ

UNIQLO プレミアムリネンシャツ(長袖) 定番の麻のシャツといえます

② Plage コンパクトリネンシャツ

同素材の「スリットリネンスカート」がありセットアップにもできる麻のシャツです
コパクトなシルエットとなっていて毎年人気で、今年もすでに1度完売した様子です

麻のシャツ

写真の着こなしている様子が「ザ・ナチュラル」になっています この着こなしは、ナチュラルそのものです

③ JOURNAL STANDARD スタンドプルオーバーシャツ

麻とレーヨンが、半分ずつくらいの素材のためか、優しい風合いが感じられます
これくらい柔らかさがあれば「ラフウェーブ」の方が着ても大丈夫かと思います
(ウェストライン長めのウェーブさんは、裾をINするかウェストをベルトなどでマークするようにしてくださいね)

麻のシャツ

JOURNAL STANDARD スタンドプルオーバーシャツ いかにも涼しげでさらっと着れそうです

麻素材のお手入れ

麻は、シワになりやすく、汗をかく季節に着ることも多いので
洗濯は必須になりますよね
そこで知りたくなるのはお手入れ方法です

調べていましたらUNIQLOさんのページで
「洗濯のプロがレクチャー!リネンシャツのお手入れ方法」というページが見つかりました!
洗い方・脱水方法・干し方などなどとても丁寧に書かれています
お洋服を売るだけではなく、このようなお手入れ方法まで知らせていたなんて知りませんでした
UNIQLOさん、さすがですねぇ
是非、そちらを見ていただいて大事に着てみてください

 

 

関連記事

PAGE TOP