骨格タイプ別 おすすめダウンコート

急に寒くなりました!

昨日から、急にびっくりするほど寒くなった横浜です
皆さんの所は、どうでしょうか?
私は、冬部屋の中で着る薄手のダウンベストがあるのですが
早速引っ張り出して着ています

そんな寒さを感じたら探してみたくなるのがコートです
お客様の質問でも、なぜか「どういうダウンコートが、似合いますか?」という質問が多くあります
なので、今回は、『ダウンコート』だけでおすすめや選ぶ際のポイントを書きます

※まだ「ダウンコート」は、早い!「トレンチコート」くらいでと思う方はこちらをお読みください

ダウンコート大前提なお話し

骨格タイプを知っている方なら、お気づきかと思いますが
『ストレート』の方は、身体の厚みがある方が多く(薄いストレートさんもいます)
ダウンコートを着たら、ほぼ着膨れます
『ストレート』に限らず、『ウェーブ』『ナチュラル』のタイプであっても着膨れます

身体の厚みが有る無しに関わらず、決してダウンコートは着痩せアイテムではないことを理解してくださいね
その上で、より素敵に見えるような選び方をお伝えします

骨格タイプ別おすすめダウンコート

『ストレート』

骨格の特徴から、『ストレート』の方は、身体の厚みや丸みを感じる方が多いです
なので、ダウンコートはお勧めしにくいアイテムです
(できたら、着ないで欲しいアイテムですが、雪が降ったり・アウトドアでの用事の時着たいですよね)
そんな『ストレート』さんが、選ぶ際に特に気を付けて欲しいポイント

・どことなく正統派な真面目さを感じる
・できるだけシンプル
・ダウンの縫い幅が、狭過ぎず・広すぎない

ストレート ダウンコート

TATRAS のダウンコート

ストレート ダウンコート 骨格診断

ファーは、外せて、よりシンプルな形になるデザイン

TATRASでも、もちろんいろいろなダウンコートがありますが
写真のような定番の物は、シンプルで『ストレート』さんの持つ優等生や上品なイメージを損なわないと思います

 

『ウェーブ』

骨格の特徴から、『ウェーブ』の方は、華奢な方が多いので
ダウンの厚みにより、重そうに見えてしまう危険があります
どのようなものを着たとしても、重そうに見えないことが大事になりますので
実際の重さが「重い・軽い」は別として、見え方が「軽い」を選ぶことが大事になります
そんな『ウェーブ』さんが、選ぶ際に特に気を付けて欲しいポイント

・軽そうに見える
・ファーは、フワフワのもの
・ダウンの縫い目は、細め

ウェーブ ダウンコート 骨格診断

MONCLER のダウンコート

ウェーブ ダウンコート 骨格診断

縫い目の幅が細めで、軽そうな印象

MONCLERのダウンは、本当にいろいろなデザインがあり、見ているだけでも楽しい感じです
そんな中でも、縫い幅が狭く、軽そうに見えるものが見受けられるのがMONCLERに思います

本当は、こういうコートを『ウェーブ』さんには、着て欲しい
(寒いと言われてしまうんですよね)
ウェーブ ダウンコート 骨格診断横浜ウェーブ ダウンコート 骨格診断横浜

こちらもMONCLERのコートです
ショート丈がモコっと可愛いいので、あえてふわっとした素材のワンピースやスカートを合わせたら
きっと可愛いと思います

 

『ナチュラル』

骨格の特徴から、『ナチュラル』は、比較的ダウンコートが似合う人が多いアイテム
一応、おすすめは、カジュアル度高めですが
『ストレート』のお勧めダウンコートを真面目過ぎないように着ることができれば、それもOK
(アシメトリのスカートと合わせたり、ごつめのサイドゴアブーツと合わせたり!)

・カジュアル度高め(このテイストは、顔や骨格12分類で細かく分けると似合わない方も有り)
・ファーは、ガサついてるもの
・ダウンの縫い目は、広めでOK

ナチュラル ダウンコート 骨格診断12分類

CANADA GOOSE のカジュアルなダウンコート

ナチュラル ダウンコート 骨格診断12分類

カジュアルなものしか必要なければ、これ1枚持っていれば対応可能かも

CANADA GOOOSEのダウンコートです
私が、骨格診断を学んでいた際に一緒だった人が、ウールのコートは、黒が1枚あれば他はいらない!と処分し
このCANADA GOOSEのダウンコート1枚にしたという
最近の流行は、どんどんカジュアルになっているので、彼女は他はいらないと判断

ナチュラル ダウンコート 骨格診断

UNITED ARROWSの縫い幅広めのダウンコートもおすすめ
縫い幅が、広いとカジュアル度が増します

おすすめのダウンコートの最後に

今回のおすすめは、あくまでも骨格タイプの特徴から「似合う」でおすすめしております
その方自身の持つ、顔の印象や身体の厚みなど
人それぞれな部分がございます
ましてや、自己診断での「骨格タイプ」で判断している場合は
そもそもが、間違っているかもしれませんので
そこは、しっかりプロに判断してもらった方がよいと思います

これから先、しばらくはコートなどアウターを過ごす日が増えていきます
比較的お値段が高いアウター
失敗なく、素敵に着こなせるようしてくださいね

『骨格診断』をやっぱりプロにしっかり見てもらいたいと思ったら
お待ちしていますね

Keiko Asai

骨格診断PLUS技能士・パーソナルカラー診断PLUS技能士
「骨格診断PLUSファッション分析協会」 理事
「骨格診断PLUSファッション分析協会認定 カラー・骨格」 本技能者

洋服が素敵でも、着ているあなたが素敵に見えなければ意味がない
自分らしく、もっとイキイキと輝く人を増やしたい
自信を持って活躍出来る人を応援したいと考えています

関連記事

PAGE TOP