ファッション苦手さんがやりがちなこと~色使い編 vol.1~

「ファッション苦手」お客様によく見られること

私のところにいらっしゃるお客様は、いろいろな方がいらっしゃいます
その中で「ファッション苦手」や「ファッション偏差値低いです」と話される方に
よく見られる共通点を1つ紹介します

それは、「多色使い!
例えば
ファッション苦手

こんな感じに、1つ1つはシンプルであって上品なイメージですが
色がそれぞれで、まとまりがありません
決してプチプラではなく、ブランドのバッグなどを持ち
お金をかけていないわけではいないのに、残念なファッションになっています
その理由が、4色ある「多色使い」だからです
多色使いを成功させるには、「とても!とても!センスが必要」です
ただ「着たいだけ」で組み合わせるとまとまりのない、センスの感じられないファッションになってしまいます
そして、それを着ている自分も「なんだか変!」を感じさらにファッション苦手に…

お手本となる「ファッション得意」の方々

ではでは、ファッションを得意とされている方々が
どんなふうに着こなしているか「色」だけに注目して見てみましょう

キャサリン妃

誰もが知っている英国ロイヤルファミリーのキャサリン妃です
いきなり、冬の画像ですが、あえて何枚も着ている画像を選んでみました
「緑・黒」しか使っていませんよね?
緑は、多少の濃淡はありますが、色の数は2色です
コート、ストール、スカート、バッグ、ブーツ、手袋と見えていますが、「緑・黒」だけです

次は
ファッション苦手
22万人以上のフォロワーのいるインスタグラマー@akko3839さんです

こちらも「茶・黒」の2色しか使っていません
シンプルな大人コーデが、人気のakkoさんですが、どの写真を見ても
ほとんどが2色使い、3色がたまにです

このように「2色使い」は、洗練されているイメージがしますし
見ていても安心します
そして、なにより上品に見えます

まずは、2色でチャレンジ

お洒落に見えるファッションお得意な人を参考にすると
「2色使い」は、とてもとても参考になります
ただその2色が、色でいうところの反対色
「黄・紫」「赤・緑」などですと話は、変わってきますが….

普通に持つ感覚で、洋服のコーディネートを選ぶ際
まずは、「2色」で完成させることを目指す
2色で無理だったら、「3色」までにする!
これを徹底してみて欲しい
もちろんバッグや靴なども全部入れてです
今年の秋は、茶色が注目されているようなので
「茶・黒」「茶・白」とか雑誌でもよく見かけます
3色なら「茶・黒・白」あたりでしょうか

自分のパーソナルカラー診断でわかっている「似合う色」があれば
その時に、どの色と組み合わせれば素敵になれるか
アドバイスを受けているでしょうから
自分が素敵に見える最強の組み合わせ2色で
まずは、ファッション苦手からの脱却として
2色使いを取り入れてください!

きっと周りから「なんだか変わった?」と言われ始めると思います
次回は、最初の4色使い写真を
私なら、どう着こなすか考えたものを紹介しようと思います

関連記事

PAGE TOP