『また会いたい!と思われる外見力UP』イベント

骨格診断PLUSファッション分析協会の浅井敬子です

『また会いたい!と思われる外見力UP』イベント

昨日は、骨格診断のタイプには「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」と
3タイプあり、それぞれ似合うファッションのテイストが違い
「似合う印象」も違ってくる
そういうお話をさせていただきました

また会いたい!

そんなふうに思われるのは、お仕事をされていてもいなくても
普通に皆さんが「思われたい!」という感情ではないでしょうか

もちろんそのことばかりで、必要以上に人に対して気を使いすぎるというのも
また話は違うと思いますが
やはり「印象がいい!」というのは、どのような点から見てもプラスに働くと思います

好印象は、強味になる

さりげなく洋服を選ばれている人
流行の服ではないと着ない人
ファッションに関する考えは、人それぞれだと思いますが
「好印象」を持たれたいと思うのであれば
やはりTPOに合わせた自分に似合う服を着ている
そのことが大事です

不似合いの洋服を着ているとどんな素敵な話をしてくださっても
言葉が、入っていかなくなります
銀行の窓口に行きそこで対応してくださる方が、Tシャツ・短パンだったら
この人にお金のことを任せて「大丈夫かしら?」と不安に思いませんか?
今のは、極端な例ですがそういうことです

やはり男性ならシャツにネクタイをされている
女性もきちんとシャツやブラウスなどを着られている
そういう印象でこそ「きちんと感」が作られ
信用できる印象を作ると思います

「好印象」というのは、そういう「信用・信頼」「親しみ」「安心感」などなど
相手に対して、大事なアプローチに思います

骨格診断のタイプ別印象

骨格診断のタイプには「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」と
3タイプありますが、似合うファッションのテイストも
実は、それぞれです
得意とする「印象」が3タイプ違うということにもなります

お顔の雰囲気ももちろんありますが、骨格のタイプを知った上で
その雰囲気に合わせていく
それが一番「似合う」ファッションとなっていき
その先に得意の「印象」があるということです

もちろん最優先すべきことはTPOですが
その上で、自分の骨格診断のタイプで「似合う」ものを着る
それが「好印象」となり「また会いたい」と思われる

...というような内容を
昨日の『また会いたい!と思われる外見力UP』イベントで話せていただきました
皆さんの関心の高さが頷きや質問に現れ
私もお話をさせていただいて嬉しく思ったイベントとなりました

とても好評だったので定期的に開催するようにいたします
次回は5月に予定します
ご興味を持たれた方は、是非ご参加ください

また会いたい